[PR]

 宝塚歌劇団星組に新しいトップコンビが誕生した。紅(くれない)ゆずるから、トップスターのバトンを受け取ったのは、星組育ちの礼(れい)真琴(まこと)。宝塚音楽学校を首席で卒業して、先頭をひた走ってきた実力派が、お披露目公演「ロックオペラ モーツァルト」で天才音楽家役に挑む。

 「トップになっても、何も変わらない。引き続き突っ走ってます」

 爽やかな口調できっぱり。2009年に初舞台を踏み、圧倒的な歌唱力で注目されてきた。が、「公演のたびにもがき苦しみ涙し、という感じ。舞台に立って日を重ねるごとに楽しい気持ちに戻っていく、の繰り返し」と道のりを振り返る。

 前トップの紅からは「自分のやり方でやったらいいよ」と言われた。「『ついてこいよ!』と言えたら格好いいですけれど、そういうのでもなく。プランは全くなくて、目の前にあることを全力でやるだけ。星組は頼もしいメンバーばかりなので、安心して飛び込んでいきたい」

 入団時から尊敬してきた元トッ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら