[PR]

 来年の東京五輪のマラソンと競歩の会場が札幌に決まったことで、道や札幌市に道内外から少なくとも400件以上の意見が寄せられていることがわかった。多くは移転に反対するものだという。

 札幌市の市民の声を聞く課には1日までに、メールなどで290件の意見が届いた。約8割が「東京はずっと準備してきた。市としては断るべきだ」といった反対の声だった。「恥知らず」といった誹謗(ひぼう)中傷や、同じ人から何通も送られてきたケースもあったという。東京開催を期待していた都民からの苦情も多かったという。

 道にも同日までに、100件以上の意見が寄せられた。こちらも「道の予算を使わないで」といった反対意見の方が多いという。

 札幌市の東京オリンピック・パラリンピック担当課の安田聡課長は「急な変更で、東京の人が納得できない気持ちはよくわかる。その思いも受け止め、素晴らしい大会にしていきたい」と話している。(天野彩)