[PR]

 卓越した技能を持つ職人らを厚生労働相が表彰する、今年度の「現代の名工」に県内から2人が選ばれた。鋳込工(いこみこう)の松林良蔵さん(68)=彦根市=と日本料理調理人の清本健次さん(52)=大津市。表彰が始まった1967年度から県内では76人になった。表彰式は11日に東京都内である。

鋳込工・松林良蔵さん(68)

 砂で固めた鋳型に、1200度前後に溶かした金属を流し込み製品をつくる。46年間、鋳物づくり一筋に励んできた。

 鋳造に黙々と打ち込む父の姿に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら