SQLってなんだ?「だれでもわかる」教え方とは

有料記事

志村亮
[PR]

凄腕しごとにん

データミックス 社長 堅田洋資さん(37)

 「ビッグデータ」「人工知能」「機械学習」。そこまでは何となくわかる。でも「SQL(エスキューエル)」「Python(パイソン)」「R(アール)」と言われたら、聞こえないふり……。

 そんな経営陣、管理職が多くないか。「経験と勘」頼みでデータがあまり活用されないのは、説明されても上司が重要性を分からないからではないか。ビッグデータを扱う「先端IT人材」は2020年時点で約5万人足りない、という政府推計もある。そう考え、データ分析の専門家を育てる社会人向け事業を17年に立ち上げた。

 「中学数学からわからない人でもわかる」ことをめざす講義に定評がある。起業から3年弱。大手企業の研修も受け入れ、巣立った専門家の「卵」は約100人になった。

 ちなみにSQLやPythonは、データ分析に使われるプログラミング言語だ。

 SQLって何ですか?とたずねると「100億行もの巨大なエクセルを操作できるツールです」と答えが返ってきた。もし、エクセルで「100億行」あったら、途方に暮れる。それぐらい大きなデータでも扱えるパワフルな言語なんだ、というイメージがわいてくる。

■転機は米国留学…

この記事は有料記事です。残り1109文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント