[PR]

 ことでんは、高松市の琴平線三条―太田駅間に建設している新駅の名前を「伏石(ふせいし)」にすると発表した。同市の太田下町にあるが、伏石町の隣で、すでにある太田駅と混同されないようにしたという。

 新駅は、国道11号東バイパスと交わる場所にある。市は駅前広場を整備し、高速バスや路線バスとの乗り換えをしやすくする。ことでんは南の太田―仏生山間にも新駅をつくる計画で、開設の時期はいずれも未定。

 市は駅の開設にともない、路線バス網の再編をめざす。来年3月までに御厩(みまや)線の西田中系統(県民ホール―西田中)と浦生(うろ)線(高松駅―浦生)を廃止し、同4月からJR高松駅と高松空港を結ぶ由佐線など6路線を減便する届を、市が事業者のことでんバスの同意を得て、近く四国運輸局に提出する。(石川友恵)