[PR]

 沖縄県沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」から、国指定天然記念物で絶滅危惧種のリュウキュウヤマガメ15匹と、セマルハコガメ49匹がいなくなった。飼育場のネットを固定する結束バンドが切られていることから、園は盗まれたとみて、沖縄署に被害届を出す。

 園によると、10月28日午後2時ごろ、飼育員が餌を与える際に、カメが少ないことに気づいた。

 リュウキュウヤマガメは沖縄本島や久米島などに生息する希少種。飼育されていたセマルハコガメはヤエヤマセマルハコガメとみられ、西表島などにすむ天然記念物。国内外の闇市場で高価で取引され、密猟が後を絶たない。一度生息域から持ち出されると、病気や菌を保有する可能性があり、戻して病気が広がると絶滅するリスクが高い。このため保護されても原則、元の場所には戻せず、沖縄こどもの国でこうした希少種を飼育している。