干された石破派に先は 気をもむ側近に安倍首相から電話

有料会員記事

石井潤一郎、鬼原民幸
写真・図版
[PR]

 1強政治の時流にあらがい、干し上げられた石破茂・元自民党幹事長(62)。その周りに集う者もまた、先の見えない渡世である。

 10月3日夜、東京・永田町のホテル。石破氏と石破派会長代行の山本有二・元農林水産相(67)は、二階俊博幹事長(80)と食事をともにしていた。9月の人事で続投した二階氏が、各派ごとに懇親しようと始めた会だった。

 その席で山本氏は切り込んだ。「石破さんは次の総裁をめざしています」。ポスト安倍をどう考えるのか、党の要の二階氏の腹を反発覚悟で探ろうとした。

 だが、二階氏は何も言わずに…

この記事は有料会員記事です。残り2416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら