[PR]

 安倍晋三首相は6日午後の衆院予算委員会の冒頭、河井克行・前法相と菅原一秀・前経済産業相の連続辞任について「私が任命した大臣がわずか1カ月の間に相次ぎ辞任する事態になり、国民に大変申し訳なく、任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。その上で「行政を前に進めていくことに全力を尽くすことで、国民への責任を果たす考えだ」と強調した。

 自民党の坂本哲志氏の質問に答えた。河井氏と菅原氏の今後の対応については、首相は「自ら説明責任を果たしていくものと考えている」と述べた。坂本氏は辞任した2人について「見識、人物ともに信頼できる方で適任だったと思っている」と前置きした上で、「相次ぐ辞任は国民に大きな落胆を与えた。国民への丁寧な説明が求められる」と指摘した。