[PR]

 日本サッカー協会とアディダスジャパンは6日、日本代表の新ユニホームを発表した。来年の東京五輪の男女代表など、すべての代表チームが着用する。

 コンセプトは「日本晴れ(ニッポンバレ)」で、ベースカラーが濃紺から空色に変わった。選手やサポーターがそれぞれ見てきた空が一つにつながっていく様子を表現した。濃さの違う5色の青を折り重ねた模様は、浮世絵から着想を得たという。

 モデル役を務めた東京五輪世代の22歳以下(U22)日本代表、MF遠藤(横浜マ)は、「希望に満ちあふれた、いいデザインだと思う」と話した。

 試合でのお披露目は、10日に北九州市で行われる女子親善試合の南アフリカ戦。