[PR]

 近畿大学の学生が2017年12月、テニスサークルの飲み会で飲酒後に急死した事故で、大阪簡裁は、119番通報などの措置をとらずに学生を死亡させたなどとする過失致死罪で略式起訴された当時の学生9人のうち、飲み会に参加していた4人に罰金50万円、介抱役の5人に罰金30万円の略式命令を出した。5日付。

 起訴内容などによると、17年12月11日夜に大阪府東大阪市の居酒屋であった飲み会で、学生4人は近大経済学部2年の登森勇斗(ともりはやと)さん(当時20)の一気飲みを止めずに多量に飲酒させ、呼びかけに反応できない状態に陥らせた。介抱役の5人はその後に登森さんの体温が低下し、自力歩行できない状態と認識していた。しかし9人は119番通報などの措置をとらず、翌12日に登森さんを急性アルコール中毒による蘇生後脳症で死亡させたとされる。