[PR]

 和菓子職人として働く女性が、15日から愛知県で開かれる全国障害者技能競技大会(アビリンピック)に出場する。しかし、出場種目は和菓子とは無関係の家具作りだ。仕事と両立させながら大会出場を続ける理由は何なのか。

 愛知県瀬戸市の宮地美月さん(23)は、生まれつき耳が聞こえない。小学校を卒業後、県立名古屋聾(ろう)学校へ進んだ。高等部では産業工芸科を選び、木工の勉強を始めた。子どもの頃から手先が器用で、ものづくりに興味があったからだ。高等部を終えた後、専攻科に進み、勉強を続けた。

 初めてアビリンピックに出たのは2014年。銀賞の好成績を収め、16年にフランス・ボルドーで開かれた国際アビリンピック大会へ駒を進めた。結果は4位とあと一歩のところでメダルを逃し、悔しい思いをした。

 17年4月に就職した先は名古屋市の老舗和菓子店「両口屋是清」だ。「家具製作での就職先が少なかったことと、木工だけでなく、ものづくりが好きだったので和菓子をつくる会社を選んだ」という。いまは干菓子作りを担当する。

 職場では菓子作りを学びつつ、「趣味」として家具作りの訓練も続けてきた。細かい作業と集中力は仕事にも共通する。いまは聾学校時代の先生の工房に週1、2回通い、腕を磨いてきた。借り物だった工具も新調し、のこぎりやかんななどの手入れも自分でする。

 アビリンピックでは、5時間半の制限時間内に図面に従って課題の家具を完成させ、正確さと仕上げの美しさなどを競う。「時間内に完成したときの達成感がたまらない」

 国際大会を含めてアビリンピックへの出場は今回で5度目。職場の同僚も出場を知っており、会場へ応援に来てくれるという。

 これまで金賞を獲得したことが…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら