[PR]

 覚醒剤約18キロ(末端価格約10億8千万円)を関西空港に密輸したとして、大阪府警はカナダ国籍の自称音楽家ラフランス・トレバー・ジョナサン・スチュワート容疑者(21)を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕したと6日、発表した。大阪税関によると、関西空港で旅客による覚醒剤の密輸の押収量としては過去最多という。

 関西空港署と関空税関支署によると、ラフランス容疑者は10月11日、覚醒剤計約18キロをカーボン紙などで包んで18個に分けてスーツケースに詰め、カナダの空港から関空に持ち込んだ疑いがある。観光目的の一人旅にしては荷物が重いと税関職員が不審に思い、調べると中身はほぼ覚醒剤だったという。税関の担当者は「いちかばちかで密輸を狙ったのでは」と話す。

 これまで関空で旅客の覚醒剤の密輸量は2012年の約9キロが最多だった。