[PR]

 首里城の火災を受け、再建に向けた支援の動きが各地で起きている。那覇市がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を利用して1日から集めている寄付は6日、すでに目標額1億円の3倍を上回り、3億7千万円を突破した。

 那覇市の城間幹子市長は6日、多額の寄付が寄せられていることについて定例会見で「多くの皆様のご厚情に胸が熱くなるばかり。一日も早い再建に向け、引き続き温かいご支援を」とコメントした。来年3月末まで受け付ける。

 沖縄県内では、スーパーやコンビニなどが募金箱を設置。県物産公社が運営し全国7カ所にある沖縄物産品の直営店「わしたショップ」も募金箱を置く。

 県もホームページからと「ふるさとチョイス」で受け付けている。6日現在、計2650万円余りが寄せられている。

 沖縄タイムス社や沖縄テレビ放送など県内メディア8社・局も、再建支援のための県民募金を共同で始めた。地元メディアが協力して募金活動をするのは初めて。

■首相「一日も早く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら