[PR]

 東北地方の空港を利用する訪日外国人客が急増している。東京五輪を前に、各空港が国際路線の誘致に力を入れているためだ。だが全国を見渡すと、東北での宿泊客は全体の1.5%ほど。PR次第で、まだ伸びしろがありそうだ。

 「サワディカー(タイ語で『こんにちは』)」

 30日朝、仙台空港(宮城県名取市)に地元の観光業界関係者らが集まり、旅行客たちを出迎えた。仙台とバンコクを結ぶ定期便が約5年半ぶりに再開され、その第一便が到着したのだ。夫婦で訪れた男性(68)は、銀山温泉(山形県)や乳頭温泉(秋田県)に行くといい「フルーツ狩りも楽しみだ」と笑顔だった。

 タイ国際航空が運航する仙台―バンコクの定期便は、2013年12月に就航したが、タイの政情不安などの影響で4カ月で運休となった。

 空港を運営する仙台国際空港会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら