両親が1歳にエアガン多数発射の疑い 息子はその後死亡

有料会員記事

大森浩志郎
[PR]

 1歳の息子にエアソフトガンを撃ち、けがを負わせたとして、福岡県警は6日、同県田川市伊加利、父親の土木業常慶(じょうけい)雅則(24)、母親の無職藍(あい)(24)の両容疑者を傷害の疑いで逮捕し、発表した。ともに容疑を否認している。息子はけがの後、肺感染症で死亡しており、県警が経緯を調べている。

 捜査1課によると、2人は共謀し、昨年11月下旬、自宅で三男の唯雅(ゆいが)ちゃん(当時1)にライフル型のエアソフトガンでおもちゃの弾丸「BB弾」を数十発発射し、全身に約3週間のけがを負わせた疑いがある。2人は「エアガンで撃ったことはありません」と供述。けがについては「知らない」と話している。

 昨年12月1日午前4時15分ごろ、藍容疑者から「三男が息をしていない」と119番通報があった。搬送時には心肺停止状態で、午前6時ごろに死亡が確認された。藍容疑者は当時「寝ていた時に泣き出して呼吸が浅くなり、心肺停止に至った」と説明したが、体に斑点状のあざが多数見つかった。

 常慶容疑者は「長男がエアガ…

この記事は有料会員記事です。残り250文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら