【動画】天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が開かれ、全国各地の祭りの出し物が繰り出した=杉本康弘、遠藤雅彦、熊倉隆広撮影

 皇居前広場で9日夕に開かれた、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典。芸能やスポーツ、経済界の著名人を含む約3万人が集まり、天皇、皇后両陛下は笑顔で祝福にこたえた。関係者によると、長女愛子さまもお忍びで訪れ、皇居の正門付近から一部始終を見守った。

 両陛下は午後6時過ぎから30分ほど出席した。安倍晋三首相が祝辞を述べた後、この日のためにつくられた組曲が披露された。3部構成で、オーケストラの演奏、ピアニストの辻井伸行さんのピアノ演奏に続き、嵐の5人が登場。ダークスーツに黒いちょうネクタイ姿で、深々と一礼した後、第3楽章の「Journey to Harmony」を歌った。作曲はNHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」などで知られる菅野よう子さん。作詞は、NHKの朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」などを手がけた脚本家の岡田恵和(よしかず)さん。歌詞には、天皇陛下が水問題の研究をライフワークとしていることから「僕らの幸せも大河にすればいい」など、水に関連するフレーズが盛り込まれた。嵐のメンバーはいつものダンスを「封印」し、その場に立ったままで熱唱した。両陛下は笑顔で聴き入り、演奏後に拍手を送った。皇后雅子さまは涙ぐむなど感激した様子だった。

 その後、ソプラノ歌手が国歌独唱し、続いて、国歌斉唱が呼びかけられ、集まった人らで「君が代」を歌った。都内の主婦(70代)は、「両陛下がとっても幸せそうで、これから日本と世界のために活躍してくれるだろうと思った」と話した。

 国民祭典は上皇さまの即位10年、20年を祝してそれぞれ行われた。いずれも超党派の国会議員連盟や、経団連などでつくる「奉祝委員会」が中心となって開催した。

 この日の行事の最後は、両陛下に向かって一同が繰り返し万歳をする形で締めくくられた。都内の大学に通う女性(20)は「初めて万歳をした。普段『日本』とか意識していないけど今日は私も日本人なんだーと思いました」。嵐のファンだという別の大学生の女性(19)は「戦争の時代にタイムスリップしたみたいでびっくりした。なかなかできない経験でした」と話していた。(長谷文、中田絢子