[PR]

 フランスを代表する俳優カトリーヌ・ドヌーブさん(76)が体調を崩してパリの病院に入院した。6日、仏メディアが報じた。詳しい病状には触れていないが、症状は「限定的で、回復可能」だという。

 仏紙パリジャン(電子版)は、ドヌーブさんは5日夜から6日朝の間に体調を崩し、精密検査を必要としていると報じた。AFP通信などによると、ドヌーブさんの病状について、家族は声明で血管系の症状だと明らかにした。運動機能は損なわれていないが、しばらく安静を必要としているという。

 ドヌーブさんは世界的にヒットしたミュージカル映画の名作「シェルブールの雨傘」(1964年)に主演したほか、「ロシュフォールの恋人たち」(67年)、「終電車」(80年)などの代表作がある。今年公開された是枝裕和監督の日仏合作映画「真実」にも主演した。現在も別の映画を撮影中だという。(パリ=疋田多揚)