[PR]

 イノシシによる農業被害が岩手県内で増加傾向にある。県によると、出没情報は2017年度の13市町91件から18年度は26市町401件に拡大。生息地域も広がっており、県は研修会などを通してイノシシ対策を進めている。

 10月上旬に洋野町で開かれた研修会。県内の自治体担当者や地元の猟友会の会員ら約40人が集まり、イノシシから農作物を守る電気柵や、捕獲するための箱わなの使い方を学んだ。

 電気柵は5千ボルト以上の電圧が流れ、イノシシに電気ショックを与える。イノシシに「嫌な場所」と認識させるため、寄せ付けたくない時期以外でも通電し続けることが大切だとの説明に、地元の猟友会の男性(77)は「参考になった」と納得した様子だった。

 洋野町で研修会が開かれたのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら