[PR]

 今夏、初めて民間に事業委託して実施した徳島市の阿波踊りは約1億1千万円の赤字になった。台風10号の影響で2日間の中止となったことが響いた。運営を担った興行大手キョードー東京や地元企業ネオビエントなどでつくる共同事業体が7日、有識者による事業評価委員会で報告した。委員会では、来夏に向けた改革の方向性が議論された。

 この日、共同事業体責任者の前田三郎・キョードー東京取締役が報告した決算見込み額によると、収入は1億8579万円(前年比8359万円減)。柱となる有料演舞場などの入場料収入は1億1386万円(同5010万円減)だった。支出は2億9880万円(同3410万円増)。

有料演舞場の運営などにかかった費用が1億2996万円(同91万円減)。新たなホームページ開設などの初期投資が微増したほか、前年まで市職員らが担っていた業務を担当するスタッフの人件費など本部経費に約3千万円かかった。

 来夏に向け、共同事業体は、前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら