[PR]

 熊本県天草市で正月飾りのしめ縄づくりが本格化している。12月1日から地元のスーパーなどで1本800円~7千円で販売する。

 しめ縄を作っているのは市シルバー人材センターのしめ縄部会。同市本町下河内の倉庫で、61歳から83歳までの約20人が農家から買った稲わらを編み上げている。

 来月20日ごろまでに玄関用や神棚用など7種類約6千本を作る予定。1本3万円という特注品の注文も受け付けている。

 部会長の松下政利さん(72)によると、最近は稲わらをかけ干しする農家が少なくなったため、材料集めに一番苦労するという。それでも、「今年は台風が過ぎてから天気が良かったため、きれいな稲わらが集まった」と話した。問い合わせは同センター(0969・24・4445)へ。(大矢雅弘)