[PR]

 ひき逃げ事件の被告として収容予定だった女が大阪地検岸和田支部に出頭後に車で逃走した事件で、大阪地検は7日、大阪府泉佐野市の無職、野口公栄(きみえ)容疑者(49)を傷害と公務執行妨害容疑で逮捕し、発表した。地検は認否を明らかにしていない。

 地検などによると、野口容疑者は岸和田支部に出頭した10月30日午前10時50分ごろ、息子の仁容疑者(30)=同府泉南市、傷害と公務執行妨害容疑で逮捕=と共謀し、同府岸和田市の路上から仁容疑者が運転する軽乗用車で逃走。車を止めようとした検察事務官をはねて1週間のけがを負わせた疑いがある。

 野口容疑者は同府和泉市で小学生の自転車を車ではねて逃げたとして、今年2月に自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)などの罪で起訴。10月15日に保釈が取り消され、岸和田支部に出頭した際に逃走したが、1日に仁容疑者とともに知人宅で身柄を確保された。(多鹿ちなみ、細見卓司)