[PR]

 8日は立冬。干し柿「枯露柿(ころがき)」の産地、山梨県甲州市塩山の松里地区で柿の収穫がたけなわだ。

 小林正元さん(65)、芳美さん(63)夫婦は早朝からソフトボールほどの「甲州百目柿」を集めた。冷え込みはこれからで、「色づきはまだまだ」と正元さん。4日ほど寝かせ、干し柿に加工する皮むきを始める。

 JAフルーツ山梨松里果実支所では、地元の塩山中の生徒4人が職場体験で皮むきを手伝った。自宅が農家の小川千尋さん(2年)は「きれいにむくスピードを競った。農業は面白い」と話していた。(河合博司)