[PR]

 福岡県田川市で昨年11月、エアソフトガンで1歳4カ月の息子を撃ってけがを負わせたとして両親が傷害の疑いで逮捕された事件で、数日間にわたってエアソフトガンを複数回発射していた可能性があることが、捜査関係者への取材でわかった。全身に多数のあざがあり、日常的に虐待していた疑いがあるという。

 逮捕されたのは、父親の土木業常慶(じょうけい)雅則(24)と母親の無職藍(あい)(24)=田川市伊加利=の両容疑者。2人は昨年11月下旬、自宅で三男の唯雅(ゆいが)ちゃんに、至近距離からライフル型のエアソフトガンでおもちゃの弾丸「BB弾」を数十発発射し、約3週間のけがを負わせた疑いがある。ともに容疑を否認している。

 唯雅ちゃんは12月1日、肺感染症で死亡した。司法解剖の結果、全身には数日間かけてできたような斑点状のあざがあった。だが、両容疑者は病院で診察を受けさせていなかった。体重は1歳児の平均10キロを下回っていたという。

 一家は事件当時、両容疑者と長…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら