[PR]

 東京・池袋で4月、車が暴走して母子が死亡し、10人が重軽傷を負った事故で、警視庁は、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで12日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 車は最高で時速90キロ台後半まで急加速し、約150メートルを走行していた。警視庁は飯塚元院長がアクセルペダルをブレーキと踏み違えたと判断。事故直前、道路脇の縁石に接触したことで気が動転したとみている。

 事故は4月19日午後0時25分ごろ、豊島区東池袋4丁目の都道で発生。車が赤信号の二つの交差点に高速度で進入して通行人を次々はね、トラックなど2台に相次いで衝突して停止した。横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなった。

 捜査関係者によると、飯塚元院…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら