[PR]

 青森県六ケ所村で6日午後6時半すぎ、訓練中の米軍のF16戦闘機が、「模擬弾」を牧草地に落下させた。防衛省によると、重さ約230キロで火薬は入っておらず、爆発の恐れはないといい、被害の情報は入っていない。

 防衛省によると、米軍側から7日午前8時50分ごろ、東北防衛局に対し「三沢対地射爆撃場」(同県三沢市、六ケ所村)の周辺で米軍三沢基地所属のF16が模擬弾を落下させたと連絡があった。その後、米軍が、射爆撃場から西に約5キロの私有の牧草地で地面に埋まった弾を発見した。掘り起こして回収する予定で、東北防衛局も職員を現地に出して確認している。

 米軍は射爆撃場内に模擬弾を投下する訓練中だったとみられるという。今回のトラブルを受け米軍側から防衛省に対し、当面、投下訓練を自粛すると連絡があった。防衛省は原因究明と再発防止を米軍側に申し入れた。

 菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で、防衛省を通じて米側に厳重抗議したとしたうえで「射爆撃場外で発生し、落下物が相当な重量である。周辺地域の方たちに大きな不安を与える、あってはならないものだ。米軍に対しては、更なる情報提供と実効性のある再発防止策を求めていきたい」と話した。在日米軍司令部は7日、公式ツイッターで「安全性を深刻に受け止めており、三沢基地は当面の間このような訓練を中止する」とのコメントを発表した。