[PR]

 春と秋の2回開花するジュウガツザクラが三郷市のみさと公園で見頃を迎え、訪れる人を楽しませている。

 同公園はソメイヨシノの名所として知られるが、公園の一角にジュウガツザクラが数本ある。その名の通り10月中旬から咲きはじめ、花の前で写真撮影をする親子連れも多い。小学生と幼稚園児の娘を連れてきた母親(46)は、「季節外れのサクラかと思った。秋に咲くなんて知らなかった」とびっくり。

 公園管理事務所によると、先月の台風で多くの樹木の枝や幹が折れるなどの被害があったが、ジュウガツザクラは無事だった。台風を乗り越えて咲かせた、直径2センチほどの薄紅色の花びらは、ソメイヨシノのような華やかさはないが、かれんだ。11月下旬まで楽しめるという。問い合わせは同公園(048・955・2067)。(米沢信義)