[PR]

 岐阜市の柳ケ瀬商店街で、若い力が結集する動きが進んでいる。10年以上前に人材不足などで解散した岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会(柳商連)青年部が来春にも正式に再結成する見通しだ。イベントや企画、勉強会などを通して、柳ケ瀬を活気づける契機になりそうだ。

 9月下旬、十六銀行柳ケ瀬支店の一室に、柳ケ瀬の若手店主らが約40人集った。会場には岐阜市の柴橋正直市長や市議、商工会議所の関係者も姿を見せた。

 会の名前は「柳ケ瀬若手大会議」。商店街の課題や未来について、グループ別に意見を交わした。仕掛けたのは、水野琢朗さん(30)。会社員生活と修業期間を経て、4年前から柳ケ瀬でスーツ専門店「サツキテーラー」を営む。

 会議の参加資格は青年部と同じ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら