[PR]

 千葉県の森田健作知事は7日、台風15号が県内を直撃した翌日の9月10日、災害対策本部のある県庁から約30キロ離れた同県芝山町の「自宅」に公用車で帰っていたことを明らかにした。自家用車に乗り換え、隣の富里市周辺を私的に視察したという。県内は大規模停電や電話の不通に見舞われていたが、県は本部長である知事の行動を把握せず、連絡手段も確保していなかった。

 森田氏はこれまで、9月9日は千葉市の公舎で情報収集し、翌朝、県庁に災害対策本部を設置後、富里市周辺で自家用車に乗り換えて同市内を私的に視察したと説明していた。今月7日発売の「週刊文春」で、9月10日に芝山町の別荘に行った疑惑があると報じられた。

 森田氏はこの日の会見で「別荘ではなく自宅」とした上で、「車の中でもいいから状況を見よう」と思ったが、県庁に自家用車を手配できず、公用車で帰宅したと釈明。運転手付きの自家用車に乗り換え、富里市周辺を車内から30~40分視察したと説明した。東日本大震災でも同様の視察をしたといい「前にもやって有意義だった。私の政治スタイルだ」と話した。

 台風15号の直撃後、千葉県内では最大約64万1千戸が停電し、5万6千棟以上の住宅が損壊する被害が出た。(古賀大己)

 千葉県の森田健作知事が7日の定例会見で語った主な内容は、次の通り。

 ――(週刊文春が報じた)芝山町の別荘に向かったという疑惑は事実か

 「芝山は私の自宅だ。別荘では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら