[PR]

 欠損した指を見せつけ、飲食代4600円を踏み倒そうとしたとして、愛知県警は7日、指定暴力団山口組弘道会系の組幹部ら2人を恐喝未遂の疑いで逮捕し、発表した。脅された居酒屋の店長が要求を断り続けると、額面通りの金を払って帰ったという。

 捜査4課によると、逮捕されたのは、いずれも弘道会系組幹部の大橋一郎(50)=名古屋市南区中江2丁目=と、押見晃(49)=同市中区大須2丁目=の両容疑者。2人は10月25日、同市南区内の居酒屋で飲食中、男性店長(46)に「小指がないから指切りげんまんができない。サービスしろよ」「指が3本ずつしかない」などと言って、支払いを免れようとした疑いがある。

 2人は、焼酎やカニクリームコロッケなど計約4600円分の飲食をしていた。店長が「できません」「やめてください」と断り続けると、あきらめて代金を支払ったという。県警幹部は「欠損した指を見せて脅すのは『古典的』な手法だ」と話している。