[PR]

訪ねてみました

 半世紀前、岐阜県七宗町の河川敷で「20・5億年前の石」が採取された。地球の歴史は46億年。その半分近くで、気が遠くなるくらい、はるか昔のことだ。その石に、手で触れることができる博物館がある。

 「日本最古の石博物館」は、緑の山と飛驒川に囲まれた岐阜県七宗町の国道41号沿いに立つ。建物は、銀色のUFOのような形をしている。

 町企画課の井上昇・主任主事の案内でエレベーターに乗って展示室に下りていく。先カンブリア時代(地球誕生後、約5億4千万年前まで)へ向かう設定だ。

 部屋の中央に、一抱えほどの黒っぽい岩が見えた。

 「これが20億年前の」と思い…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら