[PR]

 名古屋市中区の路上で昨年11月、男性が約3800万円が入ったかばんをひったくられた事件で、窃盗罪に問われた無職樋口和人被告(25)=名古屋市中川区=の判決公判が8日、名古屋地裁であった。板津正道裁判官は「多額の現金運搬情報に基づく計画性が高い犯行で、被害回復もされていない」と述べ、懲役2年10カ月(求刑懲役4年6カ月)を言い渡した。

 この事件では3人が起訴された。3人は役割分担し、樋口被告は被害者らを追跡するなどした。樋口被告は公判で、「被害者の方に迷惑をかけ、二度と犯罪をすることはありません」と述べた。

 判決によると樋口被告は、中川区の会社員山口渉被告(25)=公判中=と、愛知県津島市の建設業城侑希被告(26)=別の事件で公判中、この事件で起訴=と共謀して昨年11月8日午後、中区栄1丁目の路上で70代男性から約3757万円などが入ったかばんをひったくった。男性は直前に金融機関で現金を受け取っていた。