[PR]

 観光やグルメなどの情報を、若者の視点で発信してもらう徳島県の「とくしま若者回帰アンバサダー」の試みが始まった。SNSを通じて同世代の人たちに魅力を伝えてもらい、より地元に関心を持ってもらうのが狙いだ。

 初の「とくしま若者回帰アンバサダー」に委嘱されたのは県内在住の大学生や、進学で地元を離れた県出身者ら26人。7日、県庁であった委嘱式で東京の大学に通う中野美優さん(20)=那賀町出身=は「東京にいるからこそ分かる徳島の魅力を発信したい」と話した。

 県地方創生推進課によると、アンバサダーには「Instagram」や「Twitter」を通じて、徳島の情報を「#徳島おさんぽ」の共通キーワード付きで投稿してもらったり、県の特設サイト「AWAIRO」(https://awairo.jp/別ウインドウで開きます)で発信してもらったりする。

 県内外のイベントや県内の企業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース