[PR]

 反政府デモが続く香港で、デモ隊と警察隊の衝突現場付近で負傷し重体となっていた男子大学生(22)が8日、死亡した。香港の公共放送「RTHK」が伝えた。負傷に至る詳細な経緯は不明だが、6月から続く大規模なデモ活動で、自殺者を除き死者が出るのは初めてとみられる。

 香港メディアによると、大学生は4日未明、九竜半島の新界地区の駐車場で倒れているのを発見された。駐車場の3階部分から2階に転落し、頭を強く打って意識不明の重体となっていた。当時、現場の駐車場付近では警察隊とデモ参加者の衝突が起きていた。大学生がデモに参加していたかどうか、当時の状況は明らかになっていない。

 大学生は病院に搬送されて治療を受けていたが8日朝、死亡した。

 大学生は警察の放った催涙弾から逃げようとして転落した可能性を報じるメディアもあり、警察への反発が高まることは必至。香港情勢がさらに緊迫する恐れがある。(上海=宮嶋加菜子)