[PR]

 3キロ超の覚醒剤が入ったスーツケースを中国から日本に運ぼうとしたとして、麻薬運搬罪に問われ、死刑を含む求刑を受けた元愛知県稲沢市議の桜木琢磨被告(76)に対する判決公判が8日開かれ、広東省の広州市中級人民法院(地裁に相当)は、桜木被告に無期懲役の判決を言い渡した。弁護側は控訴する方針。

 桜木被告の弁護士によると、同法院は、桜木被告はスーツケースの中に覚醒剤が入っていることを認識したうえで密輸を企てたと認定。罪状も起訴時の麻薬運搬罪ではなく麻薬密輸罪を適用した。桜木被告は法廷で「判決を受け入れない」と話したという。

 起訴状によると、桜木被告は現職の市議だった2013年10月、広州の空港で手荷物検査を受けた際、主犯格とされるアフリカ出身の男から預かったスーツケースから覚醒剤が見つかった。

 検察側は14年7月に桜木被告を起訴。同年8月、「懲役15年以上か無期懲役または死刑」を求刑して結審した。

 しかし、同法院は判決の言い渡しを結審から5年以上も延期するという異例の展開となり、長期拘束が続いていた。

 中国では密輸などの目的で50グラム以上の覚醒剤を所持した場合、最高刑は死刑となっている。だが、75歳以上の被告は原則的に死刑適用の対象外としている。(広州=益満雄一郎)