[PR]

 四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた指定暴力団・工藤会トップの総裁野村悟被告(72)と、ナンバー2の会長田上不美夫被告(63)の公判が8日、福岡地裁であった。工藤会傘下の現役の組長(60)が検察側の証人として出廷。野村被告が指示を出す場面を「見たことがない」と証言した。

 組長は両被告がトップを務めた2次団体「田中組」出身で、5~7人いる「総裁付」の1人。交代で野村被告の身の回りの世話をしており、ほぼ毎日、野村被告の自宅を訪れていた。

 検察側は組長に対し、両被告や…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら