[PR]

 羽田空港国内線の第2旅客ターミナルビルで6日朝から続いていた断水で、水質検査が8日に終わった。異常は確認されず、同午後1時25分から給水を再開した。

 ターミナルビルを運営する日本空港ビルデングなどによると、水質検査をしたのは給排水設備の維持管理を担う「空港施設」。給水は再開したが、実際に利用できるのは水道管にたまった古い空気を排出してからになるため、8日夕方を見込んでいる。水質異常の原因はまだわかっていないという。

 異変があったのは6日朝。機体を洗う洗機場で水がしょっぱくなっていることを確認し、調査のために国内線の第1、第2旅客ターミナルで給水を止めた。水質に異常がなかった第1ターミナルは昼過ぎに復旧したが、第2ターミナルでは断水が続いた。

 運航への影響はなかったが、第2ターミナルでは大半の飲食店が休業。トイレは手洗いの水が使えず、ペットボトルを置いて対応していた。