[PR]

 3キロ超の覚醒剤が入ったスーツケースを中国から日本に運ぼうとしたとして麻薬運搬罪に問われた元愛知県稲沢市議の桜木琢磨被告(76)に対する判決公判が8日開かれ、広東省の広州市中級人民法院(地裁に相当)は、桜木被告に無期懲役の判決を言い渡した。

 判決は、桜木被告が2013年10月、スーツケースの中に覚醒剤があることを知ったうえで密輸を企てたと認定。罪状も起訴時の麻薬運搬罪ではなく麻薬密輸罪を適用した。

 桜木被告は、スーツケースは面識のあったアフリカ出身の男から預かったもので「覚醒剤が隠されていたとは知らなかった」と無罪を主張したが、法院は供述に不自然な点があるとして主張を全面的に退けた。弁護側は上訴する方針だ。

 中国では密輸などの目的で50グラム以上の覚醒剤を所持した場合、最高刑は死刑。ただ、75歳以上の被告は原則的に死刑適用の対象外としている。だが、判決はこの規定を適用せず、密輸は未遂に終わったことを理由に桜木被告への処罰を軽減したとしている。

 この日は共犯とされたアフリカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら