[PR]

 7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝でノニト・ドネア(36)=フィリピン=に判定勝ちした井上尚弥(26)=大橋=が8日、横浜市内で記者会見した。激戦を物語るように顔中傷だらけだった。

 2回に左フックを受けて流血した右目の上は、ばんそうこうが貼られていた。「筋肉痛もあるし、けっこう打たれたので、後頭部も痛い」と苦笑い。9回に強烈な右ストレートを受けた場面を、「打たれた瞬間に息子の顔が浮かび、もちこたえることができた」と家族の存在に感謝した。

 試合後は、米国の大手プロモーター、トップランク社と複数年契約を締結。来年は米国で2試合を行う予定だ。同社は「井上を世界的なスターにしたい」と意気込む。井上は当面はバンタム級にとどまる考え。「拓真の敵を討ちたい」と、前夜に弟・拓真を判定で破ったWBC同級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との統一戦を希望した。

高レベルの「化かし合い」

 プロ19戦目で初めて味わう大ピンチだった。2回2分過ぎ、ドネアの得意の左フックが井上の右目上を切り裂いた。

 試合後、医師から「あと(皮膚)1枚深かったら筋肉に達して試合を止められていた」と言われたという。出血に加え、眼球に異常を感じた。「ドネアが二重に見える。どっち打っていいか分からない」。井上はセコンドにそう訴えた。

 1回で相手の力量は把握し、「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら