[PR]

 岩手県花巻市は8日、速度違反をして免許停止処分を受けた同市消防本部の男性消防士(26)が、免許停止期間中に救急活動で救急車を運転していたと発表した。消防士は職場に免停などの事実を伝えていなかった。

 違反をしたのは花巻北消防署の消防士。市によると、消防士は6月29日朝、東北道下り線を自家用車で走行中に時速47キロの速度超過をしたとして、9月26日から10月8日まで免許停止処分を受けたが、この間、救急出動で計6回、救急車を運転した。

 消防士は無事故・無違反をめざすコンクールにチームで参加していたが、今月5日、表彰から漏れたとの審査結果が出て、免許停止処分が発覚した。消防士は「重大で怖くて報告しなかった。申し訳ない」と話しているという。