[PR]

 東京五輪・パラリンピックの競技会場となる有明体操競技場(東京都江東区)で、東京消防庁が8日、俳優の本仮屋ユイカさん(32)を一日署長に招き、訓練を実施した。9日から秋の火災予防運動。本仮屋さんは「空気が乾燥する季節を迎える。火の扱いに十分気をつけて」と呼びかけた。

 訓練では、トラックが競技場1階に衝突して火災が起き、多数のけが人や逃げ遅れた人がいる事態を想定。消防隊員が治療の優先順位を決めるトリアージをしたり、場内に取り残された車椅子の人をはしご車で助け出したりした。

 本仮屋さんは一斉放水を指揮。指揮棒を振りかざし、「放水始め」とはっきりした声で消防隊員に号令をかけていた。訓練後の取材に、「迫力ある活動を間近で拝見し、感動した。皆さんの訓練があるからこそ日々安心して生活できる」と話した。(山田暢史)