[PR]

 中国のスマートフォン大手小米科技(シャオミー)が、2020年に日本市場に参入する。同社のスマホはデザイン性の高さで人気で、「中国のアップル」とも呼ばれる。20年内に日本で実店舗を出し、スマホのほか、テレビや家電なども販売する予定だという。

 8日、朝日新聞などの取材に対して明らかにした。シャオミーは世界のスマホ市場で4位のシェア。高機能で低価格の製品を武器にファンを増やしている。

 日本で参入するスマホの具体的な機種は未定だが、「人気のあるものを投入したい」(担当者)という。日本では次世代通信方式「5G」が来年の東京五輪・パラリンピックを機に拡大する見通しで、自社の高性能スマホを売り込み、日本市場での浸透を目指す。

 シャオミーは海外展開に力を入…

この記事は有料会員記事です。残り268文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。