[PR]

 文化庁が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金を全額不交付にした問題で、参加アーティストらによるプロジェクト「ReFreedom_Aichi」は8日、不交付撤回を求める10万筆超の署名を提出するために文化庁を訪れたが、同庁の不誠実な対応に納得ができないとして提出を取りやめた。

 「ReFreedom」によると、1カ月以上前から文化庁の宮田亮平長官への面会を求めていたが、管理職ではない職員が対応した。アーティストの小泉明郎さんは「10万筆の皆さんの意思を渡す責任を背負っている。我々の希望としては宮田長官に直接渡してちゃんとお願いしたい」と話した。

 不交付決定について、映像作家…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら