[PR]

 トランプ米大統領は8日、米中両国が互いにかけてきた追加関税について「中国は取り消しを望んでいるが、私は何も合意していない」と語った。7日に中国政府が「通商協議の進展に沿って段階的に取り消すことで合意した」と述べていたが、米側として関税の「脅し」を緩めたわけではないとの立場を示した。

 トランプ氏は一方で「中国との交渉はすごくうまくいっている。ディール(取引)をしたがっているのは中国の方だが、まとめることはできるだろう」と、前向きな見通しも強調。「中国も、私が(過去に発動した)すべての関税の取り消しには応じないとわかっているので、取り消しを求めているのは一部についてだけだ」とも話した。ホワイトハウスで記者団の取材に答えた。

 米中協議が進展し、想定通り中国と「第1段階の合意」に至れば、追加関税の一部を相互に取り消す可能性があることについては含みを残した形だ。

 トランプ氏には、中国による米農産物の輸入拡大を柱とした「第1段階の合意」を早期にまとめ、来年の大統領選に向けた成果としてアピールしたい思惑がある。

 トランプ氏は合意に正式署名す…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら