[PR]

 9日午前4時ごろ、大阪府東大阪市新町の路上で、覚醒剤取締法違反などで起訴され、大阪地検が護送中だった被告の男が護送車両から逃走した。大阪地検が同日朝、発表した。地検と府警が被告の行方を追っている。

 地検によると、男は覚醒剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された同府岸和田市の遊技機設置業、大植良太郎被告(42)。保釈が取り消された後、府警が身柄を確保し、大阪地検の検察事務官3人が車で枚岡署の留置施設に護送していたという。

 被告は身長171センチくらいでやせ形。逃走時は丸刈りで、紺色のシャツに迷彩柄のズボンをはき、裸足だった。護送中に被告が「手錠がきつい」と言ったため、検察事務官が片手の手錠を外すと、被告が暴れだした。ドアが半開きになったため車を停車させたところ、被告がドアを開けて手錠をつけたまま逃走したという。

 大阪地検では10月30日にも、ひき逃げ事件で起訴された被告の女が、保釈が取り消されて収容される際に大阪地検岸和田支部に出頭後、息子の車で逃走した事案が起きたばかり。上野暁(さとる)総務部長は「逃走されたのは遺憾。警察と協力しながら被告の身柄の確保に全力をつくしている」などとコメントした。

■「ほんまに何してるんや」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら