[PR]

 トランプ米大統領の「ウクライナ疑惑」をめぐり、弾劾(だんがい)調査を進めている米下院が13日から公聴会を始める。非公開で行われていた手続きを公開することによって、これまで集めた証拠を示すことが狙いで、調査は重大な局面を迎える。

 米下院は年内にもトランプ氏を弾劾訴追するかどうか、決議をする構え。200年を超える米国の歴史で、弾劾訴追を受けた大統領は過去に2人しかおらず、トランプ氏が訴追されれば、史上3例目の弾劾裁判が年明けに行われる。その場合は、トランプ氏が再選を狙う大統領選と同時並行で進み、影響することは確実だ。これまでに判明した疑惑のポイントや、公聴会の注目点などをまとめた。(ワシントン=土佐茂生、渡辺丘)

 Q 「ウクライナ疑惑」とはどういう内容なのか?

 A 疑惑の中核にあるのは、ト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら