[PR]

 9日午前8時10分ごろ、関西空港のB滑走路付近で、ドローン(小型無人飛行機)のようなものが飛んでいるのを地上作業員が確認し、国土交通省関西空港事務所に連絡した。同事務所は、2本ある滑走路をいずれも閉鎖。約1時間10分後に、安全を確認した上で離着陸を再開した。

 この影響で関空発着の計44便が最大116分遅れ、うち17便が中部空港や大阪(伊丹)空港などに着陸した。

 関空は7日夜にもドローンの目撃情報が2回あり、滑走路を計約2時間閉鎖。10月19日夜にも同様の情報で約50分閉鎖した。