[PR]

 東京都東久留米市下里2丁目の住宅で、住人の会社員二岡一浩さん(55)が刃物で殺害された事件で、二岡さんは心臓を刺されて失血死していたことが警視庁への取材でわかった。傷の状況から厚みのある頑丈な刃物が使われた可能性があるという。

 また、二岡さんが発見された2階の寝室のベッド上に血痕が集中していたことも判明。警視庁は犯人が強い殺意を持ち、事前に凶器を準備したうえで就寝中を狙って襲った計画的な犯行とみて調べている。

 田無署捜査本部によると、9日の司法解剖の結果、二岡さんは首や胸、腹を30カ所以上にわたって刺されたり切りつけられたりしており、臓器に達する深い刺し傷が複数確認され、心臓が致命傷だった。天井にも血が付着していたという。

 二岡さんは8日午後1時50分ごろ、ベッドの上で倒れているのが見つかった。同居する50代の内縁の妻とその20代の長女は海外旅行中で、同日午前0時ごろには妻と連絡を取っていた。玄関脇の掃き出し窓の錠付近が熱して割られており、何者かが明け方までの間にこの窓から侵入した、と警視庁はみている。