[PR]

(10日、大相撲九州場所初日)

 鶴竜の突然の休場で一人横綱となった白鵬は、先場所敗れた北勝富士に快勝。大関陣は明暗。復帰した貴景勝とカド番の高安は勝ったが、豪栄道は遠藤に敗れた際に左足を痛めた。先場所優勝の関脇御嶽海も白星で滑り出したが、大関復帰を狙う栃ノ心は黒星発進。

     ◇

 圧倒的な内容ではないが、白鵬はすっきりした面持ちだった。2年ぶりの九州で初日に白星。9月に日本国籍を取得してから初めての白星にもなった。「うれしいですね。乗っていきたいな」

 北勝富士に敗れた先場所は、立ち合いの左張り手が裏目に出て、右を深く差された。この日は「しっかり当たろう」。立ち合いでかちあげ、相手の右を左腕ではね上げた。圧力をかけたから、引き技も決まった。

 令和になった今年、ここまでの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら