[PR]

 妊婦が黄砂にさらされると、出産前に胎盤がはがれやすくなる可能性があることを、九州大と東邦大などの研究グループが突きとめた。英国の産科婦人科学専門誌「BJOG」に発表した。

 出産前に胎盤が子宮からはがれてしまう「常位胎盤早期剝離(はくり)」は全妊婦の約1%に起きるとされている。おなかの赤ちゃんへの酸素や栄養がたたれるため、命に危険がある。帝王切開などで急いで出産する必要があるが、発生のメカニズムはわかっていない。

 黄砂は、アジア内陸部から偏西風にのって日本列島に届く砂ぼこりで、微生物や大気汚染物質を含む。研究グループは、黄砂で体に炎症が起こるという指摘に着目。黄砂による炎症の刺激で胎盤の早期剝離が起きやすくなるのではないかと考えた。

 上空の黄砂の濃度をリアルタイムで観測する装置があり、2009~14年のデータがそろう東京、大阪、長崎など9都府県を対象に、濃度が一定の基準を超える日を黄砂の飛来日とし、計113病院で約3千人の妊婦の出産状況などを調べた。その結果、黄砂が飛来した1~2日後に早期剝離による帝王切開などの緊急の出産が、黄砂がないときと比べて1・4倍に増えていた。飛来した当日は、早期剝離のリスクの増加はみられなかった。

 黄砂の日は、上空でPM2・5などの浮遊粒子状物質の濃度も高まるという。東邦大医学部の道川武紘(たけひろ)講師は「早期剝離のきっかけが、黄砂やそれに含まれる微生物などの影響なのか、浮遊粒子状物質によるのか、今後実験などで明らかにしたい」と話している。(水戸部六美)