[PR]

 太平洋戦争時に掘られた防空壕(ごう)跡を、今もそのまま店舗として使い続ける商店街がある。その名も「とんねる横丁」。隣接する市場とともに、訪日外国人客が訪れる観光スポットとしても注目されつつある。

 とんねる横丁はJR佐世保駅(長崎県佐世保市)から5分ほど歩いた一角にある。高さ約8メートルの岩山に掘られた長さ約6~16メートルの防空壕跡8本が、隣接する「戸尾(とのお)市場」とともに、居酒屋や鮮魚店として使われており、佐世保の台所として知られる。

 そのうちの一つ、バー「Tough(タフ)」は開店26年目。狭くて薄暗い店内を入ると、すぐにキッチンと7人掛けのカウンターがある。幅1メートルほどの通路を体を横にしながら15メートル奥まで進むと、身をかがめてやっと座れるテーブル席が2卓。常連客は「隠れ家のような雰囲気。隣り合った誰とでも仲良くなれる」と話す。

 脱サラしたマスターの永野恵一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら